泡沫ルミネセンス

瞬く、散る、消える。

20160904

相続めんどくさ
一般家庭はどうしているのだろう。
相続される側も相続する側もみんな勝手だ。もちろんわたしもそのうちの一人なんだけど。

昔から
お姉ちゃんがどんな生き方をしたって構わないけど、私に迷惑をかけるようなことはしないで
って言ってるくらい姉は奔放な人間だったけど、その姉は今働いていない、永久就職もおそらくしない。
相続にそのことを考慮して何とかしたいと願う母の気持ちも分からんでもないが、代就相続である以上、母にその権限はない。そもそも姉にその気がないんだからもう無理だ。どんなに願ったところで。例え、母の思い通りになったとしても母の苦労が報われるほどの財産を祖母は有していないはずなんだから。姉が単独で全て相続しても人一人が生涯全うできるほどなんて有りはしないのだから。

これをいい機会にして姉にスタートをきらせるしかないのだ。
働きたくない気持ちなんて嫌ほどわかるよ、わたしも毎日何とか働かずに生きる方法はないものかと考えてるし。
でも悲しいかな、ないよね。ああ無情、そして無常。

土地も建物も全て持って行かれて円満な親族なんているのだろうか。こちとら成人になる前に父を失っているのに、生きていくのにやっとだよ。
この世は常識人でないと白い目、一般人を必死で装って生きている。
お金お金。お金がないと荒むのに、お金を得ようとすると荒むね、矛盾。まあこの世は矛盾と大人の都合だけで成り立っているから仕方ないか。

早くに死んだ兄を恨む気持ちってどんなだろう。
その家族で自分の姪にさえ辛く当たるようなヒトだから気持ちなんてわかりたくもないけど。

おかあさん、もうきっと無駄なんだよ、私たちはそういう星の下に生まれてる。苦労したって何億という巨万の富を得られるわけではないし、最終的には手間賃の方が高いよ。あと、強く言い過ぎた、ごめん。

生まれ変わったら猫になる。室内飼いの家猫ちゃんになる。
外の世界を眺めて、広い世界にはいったい何があるのかなって夢だけ見て、でもここにはおいしいご飯も温かい寝床もあるしって毎日寝て食べて寝て過ごしたい。んで、買主さんにときどきよしよししてもらえたらそれでいいや。