泡沫ルミネセンス

瞬く、散る、消える。

20170307

有給休暇は労働者に認められた権利である。

 

が、なかなか消化できないのが現実である。

 

入社したての頃、「この日に有休とりたいけど、仕事の都合がどうなるかわかんないな…」となって、なかなか休暇をとることが出来なかった。

なので、「仕事が片付いたし、他の人から何か頼まれる気配もない。よし、明日休めるな。」と確実になってから休暇の申請をすることにした。

 

したらば、上司に言われたのである。

 

って、バイトじゃないんだから。社会人ならそういう休みの申請の仕方しないように。

 

私が担当している仕事は全て他の人のアシスタント作業だから、何日も前にあらかじめ日にちを決めておいて、その日までに仕事の段取りをつけるということはできない。 

 

先輩の都合で仕事を頼まれるし、これはそんなに急ぎの案件じゃないなと自分では思っても、価値観の違いから先輩が少し急ぎたいと思えば急がざるを得ない。

 

自分の仕事であっても自分の都合で出来る仕事ではないから、下請けにされた仕事の中で段取りをつけるしかない。いわば自分でコントロールできることじゃないんだよね。部下だから仕事断れないし。

 

だからどう考えても上司の言う“そういうとり方”以外に合理的な休暇の申請方法がないわけよ。

 なのに、そんなとり方って(笑)

 

しかもそういう上司に限って

すまん、2時から休暇ね(1時過ぎ) 

とか言ってくるんだから社会は不条理。

 

 そんな私が編み出した休暇取得方法は題して

 

《急に用事ができてやむを得ず早めに帰ります風作戦》

 

不思議なことに「可能であればお休みしたいのですが、みなさんのご都合よろしいでしょうか?」とお伺いをたてるよりも、「すみませんが、休みます。」と言い切った方が何故かすんなり休めるのである。七不思議。

 

この間、その作戦で有休を取得したのだけれど、何も言われ無いどころか「どうぞどうぞ」の雰囲気だった。七不思議。